私たち大内ライオンズクラブのボランティア活動を振り返るページ。ライオンズクラブ会員限定の活動もありますが、会員以外の方にも参加いただきながら行っている活動もあり、いつも楽しくボランティア活動を続けてきています。ご協力戴いた方々、ボランティアにご参加いただいた方々、ありがとうございます。
※なるべく写真を大きく紹介しようと思っています。

2015~2016年度の活動
ライオンズクラブの年度は、7月に始まり、翌年の6月で1年間が終了します。昨年度の活動を簡単にスナップ動画にしてみました。是非ご覧ください。今後も会員以外の方々と協力して、ボランティア活動を続けてまいります。

 2月11日、おおうち道の駅ぽぽろっこを会場に、大内うめぇものまつり「冬」が開催されました。当日は2月とは思えないほどの晴天に恵まれ、会場には沢山の方々がいらしてくださいました。

●餅つき 10時にスタートした餅つき。普段、餅つきを目の前で見たことのない子どもたちにとっては興味津々。真剣そのもので杵を振るっていました。

●昔遊び 室内で昔遊びを楽しんだ子どもたちは、やはり風の子と言うように、30分くらい楽しんだ後、外へ飛び出し、雪の滑り台で歓声を上げながら大はしゃぎでした。。
大内ライオンズクラブ会員の皆さんは、子どもたちのお世話が、普段と勝手が違ったようで、「足がパンパンだよ!」と言いながらも、子どもたち以上に楽しそうでした。

●鍋コーナー ここは長蛇の列。鍋物を2杯食べるとスタンプが2個もらえ、しかも抽選が出来るとあって、400名超のお客さまで賑わいました。当たるかな~と抽選のガラガラを多くの方が回していました。

ライオンズクラブの出店の豚ホルモン鍋は販売開始40分で完売!どのコーナーよりも早く完売しました。これもライオンズ・レディ、女子力のパワーのお陰と思います。今回も無事に終了。ありがとうございました。

大内ライオンズクラブ事務局

 10月5日(月)秋晴れの天気に恵まれ、大内在住ひとり暮らしの方々36名と魔法の花瓶作りをしながら交流しました。 2時間のあいだに二つの作品を作り大満足!講師には左官業の今田さんを招いて、ひとりひとりに親切にご指導いただきました。

 お昼は、商工会女性部の協力を頂いて、新米で作ったきりたんぽを食べ、おかわりは大内の高山製麺のうどんを提供しました。 仲間との再会に終始にこやかに、お互いの日々の暮らしぶりを語り合っていました。

 正木会長と伊藤幹事の二人も、慣れない手つきで皆さんにきりたんぽの配膳を手伝ってくれました。地域の方との触れ合いを大事にして、ライオンズクラブとして、これからも微力ながら、地域と共に活動していきたいと会長から挨拶がありました。

 また来年も、元気で会いましょうねと言って見送りました。とっても元気な高齢者の皆さまから、私たちも元気をもらいました。頑張らなくっちゃ!

 この事業は社会福祉大内支所様との共催と商工会大内支部女性部の協力で無事にやり遂げることができました。また講師の今田さん、本当にありがとうございました。

大内ライオンズクラブ事務局

 今回のふれあい献血は、事前に”広報おおうち”や有線放送で呼びかけをしましたが、農繁期や諸行事などが重なり、昨年のように献血者の方が多くはありませんでした。そんな中、地元高校生による献血への呼びかけボランティアの参加のお陰で、楽しく活動ができました。

 献血受付31名、200ml献血3名、400ml献血18名、献血が今回できなかった人10名でしたが、ご協力くださいました皆さま本当にありがとうございました。

 せっかくの善意で来ていただいたにも関わらず、待ち時間がかかり過ぎて、お帰りになってしまった方には、本当に申し訳なく思っております。このような事が無いように来年度の改善点として努力して参りたいと思いますので、引き続き皆さまの善意をお待ち致しております。

大内ライオンズクラブ 事務局

 前日までの大雨で被害を受けられた関東地区、東北地区の皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。一日も早く平穏な生活が送られますように。

 9月12日。時折小雨が落ちる中大内LC青少年育成事業「大内の豊かな自然と食の体験会」が大内地区の小学校5年生を対象に開催されました。
 当日はスポ少などの大会や諸行事とも重なり、10名の参加でしたが、とても充実した学校では学べない数多くの体験ができたことと思います。 JA秋田しんせい大内支店の共催を頂き、大内の肥育農家、菌床しいたけ栽培農家、花の栽培農家、3人の方からご協力を頂き、見学をさせて頂きました。 昼食会場となった大小屋ファミリーランドでは大内で収穫された食材で作ったカツカレー、サラダなどを食べました。

 JA大内支店遠藤支店長からは、大内地区の農業、生産農家について説明を聞いて、その後ゴーカートや釣りなどを楽しみました。 釣り竿もLC会員の手作り。特製の釣り竿に子ども達の歓声が上がりました。 私たち会員は、子ども達から多くのものを感じ取ることが出来、元気とパワーをいただきました。 小学校3校の交流もできました。終始にこやかに活発に過ごしておりました。

 この事業にご協力くださいました父兄の皆さま、各小学校の先生たち、農家の皆さま、JA大内支店様、本当にありがとうございました。また、ファミリーランドの東海林さん、本当に子ども達のために、池の周りの草刈りなど子ども達の安全見守りのご協力、感謝いたします。

8月29日、晴天の中、芋川を楽しむ会主催の草刈りクリーンアップが開催されました。北福田地区~岩谷地区~大内深沢地区までの全長6キロにわたる、芋川両岸の作業です。このボランティアの呼びかけに、100名の参加者が集まり、鳥海山を眺めながら心地よい汗を流しておりました。大内ライオンズクラブからも会長、幹事をはじめ多くのライオンが参加しました。地域の皆さまからも、大内ライオンズクラブは近年地域に密着した活動が多くなって、身近なライオンズクラブになったね。とクラブのPRにも役立ちました。

 前日からの天候が心配されましたが、イベントが開催される1時間ほど前より、雨もあがり、晴天の中、2,000人の来場者がありました。 お陰様で、イベントも大盛況の中、無事終了しました。
 大内LCでは、嶽のきみの販売、玉こん、甘酒まで販売。嶽のきみは販売開始とともに売れ行きが良く昼前には完売。この事業での収益金は61,450円。この収益は高齢者福祉事業や青少年育成事業の活動に充てます。
 司会はバリトン伊藤さんです。スイカの種飛ばし大会には、会長の正木Lと阿部Lの孫の莉愛ちゃんが出場。子どもの部で見事優勝しました。参加された皆さま、楽しかったですね。ありがとうございました。

 8月9日、大内交流センター「ぽぽろっこ」において、ライオンズクラブ国際協会332-F地区第1Z第2Zのガバナー公式訪問がありました。当日は大変な猛暑の中阿部ガバナーはじめ各キャビネット構成員の皆様においでいただき、クラブ三役協議会、ガバナー公式訪問、懇親会と無事に全日程を終了することが出来ました。ご参加いただいた会員の皆様のご協力に感謝いたします。ありがとうございました。

このページを閉じます⇒
©2010~2015 大内ライオンズクラブ Allright Reserved. Sorry Japanese Version.Only. /